研究者の日常

社会人歴4年目のできごとを綴る

論文がうまくかけない

研究成果を論文にまとめてジャーナルに投稿する準備をしている。しかし昨日、びっくりするくらい全然はかどらなかった(5行くらいしか進まなかった)。どこが原因でそうなっているのか、考えを深堀するメモ。


◆形を気にしすぎている

やってみる→構成について再検討する→書いてみる

このヒットアンドアウェイのループを高速で回そうとして、途中で忘れてうまく行ってない。書きながら構想を練り直すアジャイル式でやる。

 

◆ まとまった時間を掴んで行う
隙間の時間は別のタスクを用意しておく。
例えば、メール、LINE、などなど。5分以内で終わること。そうしておけば、まとまった時間を論文に投資しやすい。邪魔されずに済む。前もって割り込んできそうな仕事は、前もって自分のタイミングで主導権をもって処理しておくのが鉄則である。

 

◆ 気をつけること
安易に調べものはしないこと。ここでいつもドツボにハマる。時間が削られてしまう。

 

 

上記、頭でわかっていても、できなかったりする。早起きと同じでこれもたくさん経験して繰り返すうちにできるようになるのかな。頑張ろう。